伏見稲荷神社の初詣に赤ちゃんを連れて行ける?

      2016/10/28

スポンサーリンク

ベビーカー
お正月の風物詩、恒例行事である初詣を家族みんなで迎えたい、という方は沢山いらっしゃると思います。ただし元旦から人込みでベビーカーを持ち込むと、幅をとって他人と接触してしまいトラブルに繋がってしまうこともあるようです。今回は赤ちゃんがいるご家庭向けの初詣の知識をご紹介します。

スポンサーリンク

【伏見稲荷の初詣】ベビーカーは厳しそう。

動画でも分かるとおり、伏見稲荷の初詣は人も多く階段だらけですのでベビーカーで行けないことはありませんが、エルゴなどのベビーキャリアなどで連れて行ったほうがよさそうですね。

●【初詣】1分でわかる 伏見稲荷大社 / 京都いいとこ動画

伏見稲荷の初詣の混雑状況、空いている時間は?

●1月3日 伏見稲荷大社 初詣 の様子


やはり3が日は大変込み合いますね。抵抗力の少ない赤ちゃんの健康状態を検討して行きましょう。また、階段だらけなのでベビーカーは避けたほうがよいでしょう。
●2009.1.4初詣の様子

3が日を過ぎたので多少のスペースがあります。一応ベビーカーの人もいますね。屋台もまだ出ていますね。しかし階段もありますし、まだまだ混んでいる感じはあります。

●1/5は大山祭というお祭りがお昼にあるため、また賑わいが上がるそうです。

 

伏見稲荷神社にはおむつ交換所はあるか?

伏見稲荷大社のホームページを見ると、おむつ交換所については記載がありません。最寄りの稲荷駅にはベビーベッドがあるようです。

基本は神社、仏閣にはオムツ交換スペースはありません。使用済みオムツは持ち帰りすることも多いので臭わないゴミ袋を持っていきましょう。
食事や素泊まりが出来る「伏見稲荷大社参集殿」もありますが、おむつ交換スペースについては記載はありません。

 

伏見稲荷の開門時間と屋台が出ている日にち

参拝は、終日解放されているので夜間でもOK。屋台は1月中は出店しているようです。
祈祷時間は、お正月の3が日は終日解放ですが、通常は8:30 〜 16:30まで随時、ご祈祷を執行しています。受付は16:00頃までにお済ませくださいとのこと。

授与所は(御守、絵馬等を売っているところ)お正月の3が日は終日解放ですが、通常は7:00~18:00まで。

 

伏見稲荷の御朱印(ごしゅいん)の受付時間と価格

正月~中旬の間は、第二鳥居の左側にある「儀式殿」にて販売しているとのこと。お値段は300円。通常は本殿の左側にある「受付所」で販売です。

※「御朱印帳」は、本殿にて販売しており、一冊800円で購入できます。

伏見稲荷に駐車場はある?

1/1~1/5は駐車場は使えません。通常は170台分の無料駐車場があります。

 

伏見稲荷の見どころや名物は?

ご利益は商売繁盛、家内安全など。見どころは千本鳥居など。稲荷神社の総本山だけあって、「きつね絵馬」や「きつねせんべい」がありますね。変わったグルメでは「スズメの丸焼き」も。1分で解かりやすい紹介動画はこちら↓

 

ご紹介は以上です。ご家族でよい思い出を作れますように。

 

おまけ 腰痛予防のエクササイズ動画紹介

伏見稲荷の初詣の赤ちゃん抱っこで腰が痛くならない為に筋トレやストレッチで備えておきましょう♪

●赤ちゃんも一緒に!?心とカラダを整える産後ヨガ②/Fit-Lib.


赤ちゃんと遊びつつ筋トレも出来ますね。

●産後のエクササイズ】家事や育児(抱っこやおんぶ)・反り腰などによる腰痛改善ストレッチ


肩や脇、背中も伸ばせます。

●ストレッチ セルフケア1 大腿直筋、腸腰筋 骨盤、むくみ解消


セルフ整体。産前産後整体といえば腸腰筋です。

 - 季節の行事