パナホームの坪単価 いくらで家が建つ?2017|値引きはどのくらい?

      2017/09/30

スポンサーリンク

【パナホームの坪単価 いくらで家が建つ?2017】
調べ物

家を建てたいと思った時、ハウスメーカーの注文住宅に興味を持つ方も多いのではないでしょうか?

金額を気にせず思う存分デザインや性能にこだわることができたら良いですが、予算には限りがありますよね。そんな時坪単価どのくらいで購入できるのかがわかると良い目安になります。

今回は性能の高さに定評のある人気ハウスメーカー「パナホーム(panahome)」の坪単価を調べてみました。
こちらを参考にぜひご家族と話し合ってみてください。(ライター:amutaro)

 

スポンサーリンク

パナホーム エココルディスⅡの坪単価

坪単価80万円が目安です。
内容によって変化しますが、平屋ですと100万円クラスになる場合もあるそうです。

【PR】
一番金利の安い住宅ローンを一括見積で探すには?



【住宅本舗】まずはシミュレーションから

エココルディスⅡは「スマートデザイン」「スマートライフ」「スマートテクノロジー」の3本柱をコンセプトにしており、自然の恵みを生かした省エネ性と快適性を追求した注文住宅です。

外観は片流れ屋根と光を取り込みやすくするための大きな窓が特徴的です。屋根全面に太陽光パネルを設置した「フルPVルーフ」と「蓄電システム」を採用しており、エネルギーを有効活用する設備が充実しています。

室内にはエコナビ搭載換気システム「HEPA+」と「スマートHEMS」を採用しているため、窓を閉め切っていてもきれいで新鮮な空気が家中をめぐり、モニターやスマートフォンで空調をコントロールすることが可能です。

パナホーム カサートの坪単価

坪単価80~90万円が目安です。

カサートは住む人の希望を叶え、自由にデザインできる柔軟な設計対応力が魅力の注文住宅です。インテリアスタイルも多数揃えてあり、イメージに合った内装に仕上げることができます。

外壁には光触媒タイル「キラテック」を採用しています。セルフクリーニング効果により、外壁が汚れにくく美しい外観を保つことでメンテナンスにかかる費用を節約してくれます。
性能面においては、「制震鉄骨軸組構造」を採用しており優れた耐震性能が期待できます。さらに基礎の内側にまで断熱材を施した「家まるごと断熱」により夏はすずしく冬はあたたかい快適な室内空間をつくりあげると共に、省エネにこだわっています。

スポンサーリンク

パナホーム ビューノ3sの坪単価

坪単価は90万円が目安です。

ビューノ3sは3階建ての注文住宅です。業界最小の15cmきざみで設計できるマルチモジュールシステムを採用しているため、敷地を無駄なく有効活用できるきめ細かな対応力が魅力と言えます。
また「制震鉄骨軸組構造」と、地震エネルギーを熱に変換して逃がす「アタックフレーム」をかけあわせた構造技術「パワテック」により強い強度を実現しています。これにより耐震等級が全て最高ランクに認められています。
その他にも光触媒タイル「キラテック」、優れた断熱性能を発揮する「ダブルウォール」、「太陽光+蓄電システム+スマートHEMS 」、エコナビ搭載換気システム 「HEPA+」 、調湿性能に優れた建材「稚内珪藻土」などたくさんの装備が充実しています。

パナホーム ビューノの坪単価

坪単価は90~100万円超が目安です。

ビューノは「より高く、より広く」をコンセプトにした都市向けの注文住宅です。現在では工業化住宅初の9階建てまでが可能で、土地が狭い都心部でもひろびろとした二世帯住宅や店舗・事務所併用住宅、賃貸併用住宅を建てることができます。

性能に関しては、重量鉄骨ラーメン構造により大地震にも負けない耐震性能を持ち合わせています。また柱と梁だけで必要な強度を確保しているため空間も自由にレイアウトすることができます。

将来的にライフスタイルが変化することを見越してあるので、リフォームによる間取りの変更やコンバージョン(用途転換)しやすい構造をしています。長く住むことに対応してある点が魅力的ですね。

 

 

スポンサーリンク

パナホームって値引きはある?

RYON2さん(@caffe1atte)が投稿した写真 -

値引き交渉には対応してもらえるようです。
他のハウスメーカーと同じく5~10%を目安に交渉してみましょう。

ただし状況により大きく値引きすることが難しい場合もあります。
金額自体で交渉することができない時には、キャンペーンでの値引きがないかどうかチェックしてみましょう。

また値段を下げられない場合でも、仕様のグレードアップや工事費をサービスしてもらうなど金額以外の方法でお得感を得られる場合もあるようです。値引きだけにこだわらず様々な可能性を考慮してできるだけ上手な交渉を目指しましょう。

まとめ

今回ご紹介した坪単価はあくまでも目安です。
さまざまな条件によってもっと安い場合もあれば高くなる場合もあります。

パナホームは全国に展示場を展開していますので一度希望を伝えながら話を聞いて、可能なら見積をとってみると具体的なイメージをつかみやすいですよ。

 - 住まい , ,