石清水八幡宮(京都)の初詣|混雑状況*車は交通規制に注意

      2016/10/28

スポンサーリンク

石清水八幡宮(京都)の初詣情報

舞子さんの下駄

弓矢の神様として源氏に尊崇された“やわたのはちまんさん”。

日本三大八幡宮の一つで、京都府八幡市の男山の山頂にある神社です。

初詣では、例年約12万人の方が参拝に訪れ、全国15位、京都府内5位という人気のある神社です。

 

スポンサーリンク

石清水八幡宮の初詣 開門時間は?夜間は開いている?

hachimansan32016年は、12月31日 6時半~23時、1月1日 0時~21時半、1月2日、3日は5時半~20時半となっていました。

 

 

混雑状況。空いている時間は

hatchimansan21月1日 5時から(2016年情報)本殿で1年の繁栄を祈る歳旦祭がおこなわれるのでこの時間は混雑します。

また、10時~15時頃は、人でも多くケーブルカーも混雑するので、混雑を避け空いている時間を狙う方は、ケーブルカー始発の7時40分を目指してゆくのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

御朱印の受付時間と価格

御朱印は、境内右手の授与所で拝受することができます。価格300円。

初詣期間は時間は社務所の方で決まるようですので、ぜひお問い合わせください。

また、オリジナル御朱印帳の販売もあります。

こちらの、御朱印は、八幡大神の“八”の字を鳩の絵文字を使って書いてくれることもあるそうで、どんな御朱印がくるのか楽しみでもありますね。

 

石清水八幡宮の見どころ

hachimansan5石清水八幡宮の中で一番のパワースポットは、上院の南総門を抜けて、本殿へ続く道、および、本殿前だそうです。

南総門から本殿を見ながら願いを告げると御利益があるといわれています。

その御利益は、自分にとって害のあるものを整理し、正しい方向へ導いてくれるといいます。

ぜひ、本殿へ向かう前の、南総門でも御利益にあやかりたいですね。

 

 

スポンサーリンク

石清水八幡宮の御利益は?

hachimansan6鎌倉時代、境内から打ち放たれた巨大な矢が元軍に襲いかかり、撃退したという言い伝えから、厄除け開運の神様として信仰されています。

また、必勝、商売繁盛、家内安全にも御利益があるとされており、全国から参拝者が訪れます。

 

住所・アクセス・駐車場の混み具合

〒614-8005 京都府 八幡市 八幡高坊30

 

車の場合

→東京方面からのアクセス

東名高速道路から名神高速、瀬田東JCTあるいは、第2京阪道路から、京滋バイパスの久御山・淀ICから約10分

男山ケーブルカーまたは、徒歩にて石清水八幡宮へ。

 

→大阪方面からのアクセス

名神高速 大山崎ICから約10分

男山ケーブルカーまたは、徒歩にて石清水八幡宮へ。

 

電車の場合

hachimansan7

→京都方面からのアクセス

京都駅から近鉄電車「丹波橋駅」 あるいは、JR「東福寺」のりかえ

阪急電車「八幡市駅」から男山ケーブルカー「男山山上駅」下車 徒歩5分

 

→大阪方面からのアクセス

地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」 あるいは、JR環状線「京橋駅」からそれぞれ連絡のりかえにて、京阪電車「八幡市駅」から男山ケーブルカー「男山山上駅」下車 徒歩5分

 

駐車場の情報・交通規制

駐車場は80台ありますが、初詣期間の1月1日~3日は交通規制が敷かれ、駐車場の

使用ができなくなりますので、交通公共機関での参拝をお勧めします。

 

 

平安京では、石清水八幡宮は、“南西の裏鬼門”を守護する神社として、“北東の鬼門”を

守る延暦寺とともに皇室や朝廷から篤く崇敬されてきたそうです。

そんな、歴史のある由緒正しい神社に初詣で参拝すれば、一年間大きなパワーを授かり

そうな気がしますね。

 

 

 - 季節の行事