下の子が水ぼうそう!感染経路や治療、保育園の送迎はどうする?

      2016/10/28

スポンサーリンク

病院イメージ

水ぼうそうの感染経路は?

水ぼうそうは感染力がとても強いウイルス感染症の一種です。接触感染・飛沫感染・空気感染によって感染します。

接触感染

水疱がつぶれ、そこから出てきた液体や感染者の唾液等が付いたものに触れ、その触れた手で自分の口や目などの粘膜に触ることによる感染です。

飛沫感染

感染者の咳やくしゃみを吸い込むことによる感染です。感染者も不要不急の外出をしないようにする、マスクをするなどの工夫が必要ですね。

空気感染

空気中に漂っているウイルスを吸い込むことによる感染です。昔からよく言われている「水ぼうそうのお友達の家に遊びに行って移してもらう」というなかなかワイルドな抗体の作り方は、この空気感染を敢えて利用したものかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

水ぼうそうの初期症状は?

ウイルスの潜伏期間2週間を経て突然の発熱と共に全身に発疹が出てくるのが一般的です。この発熱は37〜38℃くらいでさほど高熱となることはありません。そのため気づかないこともあるので注意が必要です。

 

水ぼうそうにかかったらどれくらいで治るの?

発疹が水疱になり、全ての水疱がかさぶたになれば完治です。水ぼうそうの予防接種をしているかどうかで変わってきますが、全ての水疱がかさぶたになるまでの期間は、短くて4〜5日、長くて1週間から10日くらいです。

 

スポンサーリンク

水ぼうそうにかかった子を連れて保育園の送迎をすると、ほかの子に移る?

子ども
先にも述べましたが、空気感染をするので移る可能性はあります。送迎の時間だけでも面倒を見てもらえる人がいる場合、お願いした方が良いでしょう。

 

頼れる人がいない場合、筆者の知り合いは下のお子さんに、マスク・長袖・長ズボンを着用させ、走り回らないようにお母様ががっちり抱えていました。マスクはもちろんのこと、水疱からの感染を防ぐために長袖・長ズボンを着用させる気遣いに感心したため、よく覚えています。
しかし、万が一の感染や、無用のトラブルを防ぐためにも、園に決まりがあるのか問い合わせ、指示を仰ぐのが良いでしょう。

兄姉を休ませる必要はある?

兄弟

本人が発症していなければ、登園は可能です。しかし、水ぼうそうは発症するまでの潜伏期間が2週間です。そのため、もし兄姉が感染していた場合、未発症でも潜伏期間中の可能性があるということです。家庭の状況によっても対応は変わると思いますが、先の送迎の件と同様、園と相談して方針に従うのが良いでしょう。

大人も移るの?

大人

水ぼうそうは2〜10歳でかかりやすい年齢とされています。しかし、まれに水ぼうそうにかかったことのない大人も発症することがあります。また、子どもの頃に水ぼうそうにかかっていても、抗体が無くなった場合や、何らかの理由で抵抗力が落ちてしまった時に免疫が活性化して感染してしまうこともあります。

水ぼうそうの治療は?予防接種は?

注射

水ぼうそうにかかってしまったら、最も有効なのは「早期発見・早期治療」です。発症してから48時間以内に抗ウイルス薬を投与することによって、ウイルスの増殖や重症化を抑える効果があります。他には、発疹のかゆみ止めや抗生物質を処方されます。

予防接種は1歳以降に1回目を、1回目から3か月以上経ってから2回目を接種します。3種混合ワクチンやBCGと違って任意接種ですが、3歳の誕生日前日までなら無料で接種することができます。
水ぼうそうには予防接種が効果的です。発症しないか、発症しても軽く済む場合が多いようです。

 - 健康