子どもの溶連菌感染症|初期症状と流行時期、治療方法など

   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

溶連菌感染症とは?流行時期は?

溶連菌感染症は、溶連菌(A群β溶結性連鎖球菌)という細菌がのどや皮膚に感染する病気です。2〜3歳くらいから学齢期に多い、年間通して発症する病気ですが、12月から3月、7月から9月にかけて流行する傾向があります。(ライター:tomosan)

お医者さん

溶連菌感染症の初期症状は?

 ・38℃から39℃の発熱
・のどの腫れと痛み
・扁桃腺やリンパ節の腫れ
・嘔吐

これらの初期症状の後に

 ・体や手足にかゆみを伴う発疹
・舌にいちごのようなブツブツができる、いちご舌
・解熱してから手足の皮膚がむける

などの症状が見られます。
体温計

スポンサーリンク

溶連菌感染症の治療方法は?どれぐらいで治る?

溶連菌感染症は抗生物質を服用して治療します。だいたい10日間から2週間で完治します。

錠剤

抗生物質を服用すると、熱やのどの痛みなどの辛い症状は比較的早く治まりますが、そこで治ったと思って服用を中止することは大変危険です。

 

辛い症状が治まっても、医師から処方された抗生物質はきちんと最後まで服用しましょう。抗生物質を途中で止めてしまうと、溶連菌が体内に残ってしまいます。きちんと抗生剤を服用して、症状が改善した後に検査をして完治を医師に確認してもらいましょう。

溶連菌感染症は再発します。筆者の知人は五度も再発してそれはそれは大変な思いをしたそうです。
また、溶連菌が原因となる合併症もあります。さらにお子さんが辛い思いをしないように、きちんと溶連菌を退治することが大切です。

 

溶連菌感染症の合併症は?

女の子

溶連菌自体はきちんと抗生物質を服用すれば退治することができるので、恐ろしいものではありません。しかし、抗生剤をきちんと服用しないと合併症の危険があります。溶連菌が原因となって起こる可能性のある合併症と主な症状は次のとおりです。

・中耳炎 中耳に菌が入り込んで炎症を起こします。痛みや耳垂れの症状が起きます。

・副鼻腔炎 鼻腔に隣接した骨内の空洞(=副鼻腔)の炎症です。鼻水・鼻づまり、ひどい時は頭痛や歯痛が起きます。筆者は副鼻腔炎になったことがありますが、頭痛と歯痛が酷かったです。レントゲンで見せてもらったら、鼻腔から続く頬骨と額の空洞が炎症して膿が溜まっていました。本当に痛かったです!

・気管支炎 気管支が炎症し、咳や痰などの症状を起こします。

・急性腎炎 腎臓に突然、炎症が起きる病気です。溶連菌感染症の合併症として症状が出る場合には、扁桃腺やのどの炎症・発熱が治まってから約1〜2週間後に尿に血液が混じります。また、それに伴ってむくみや高血圧などの症状も起きます。

・リンパ節炎 リンパ節に炎症が起こり、痛みと腫れを起こします。

・リウマチ熱 溶連菌に感染して約2〜3週間後に発症します。高熱や関節炎の症状が起きます。関節炎の他に、心臓の筋肉が炎症を起こす心炎を発症することもあるので注意が必要です。

・血管性紫斑病 溶連菌が体内に入ったことが原因で免疫反応に異常が生じ、紫斑(内出血で現れる斑点)や関節痛、腹痛、嘔吐などが起きます。

合併症を挙げると怖くなってきますね。大事にならないよう、抗生物質はきちんと服用しましょう。

スポンサーリンク

溶連菌感染症は大人もかかるの?

youren5
残念ながら、大人もかかります。溶連菌感染症の初期症状は風邪の症状とも似ていることから、大人は放っておきがちです。しかし、先に挙げたように溶連菌を退治するのには抗生物質が必要です。おかしいな、と思ったら受診しましょう。

特に免疫力が低下している人、妊娠している人は感染しやすいので注意が必要です。

 

溶連菌感染症の予防方法は?

溶連菌感染症の感染経路は以下のとおりです。

・咳やくしゃみなどを吸って感染する飛沫感染
・手に付いた菌が知らずに口に入ってしまう経口感染
・皮膚からの接触感染

予防接種はありませんので、手洗い・うがいが基本の予防方法です。また、マスクも有効です。
家族内で溶連菌感染症の拡大を防ぐためには感染した家族と食器やタオルを共有するのは避けた方が良いでしょう。

辛い症状だけでなく、合併症も怖い溶連菌感染症。かかる前にしっかり予防、かかってしまったら適切な治療をしましょう。

 - 健康 ,